2010年06月06日

LED照明



住まいブログ


わが家のリビングの照明の中でも

主役級に活躍している、

ダイニングテーブル上の3連ビーズランプ。

beadslamp2.jpg



白熱電球だけに、電気代も結構食ってるんだろうな...

と、つくづく思ってました。


しかも、ちょくちょく球切れするし。




これを今話題の「LED照明」にしたら

どれくらい電気代が安くなるんだろうか...



ということで、

1つお試しで購入してみました。



購入したのは、

シャープ製 E17口金 電球色相当 です。

他にも、東芝製パナソニック製ドウシシャ製

などがありますが、

明るさ・デザイン・価格のバランスで決めました。





さっそくつけてみました。



見栄えは?


これが今までのもの。

LED1.JPG


で、これがLED。

LED2.JPG


......。


二つ並べてみると

LED3.JPG


電気代安いし、

見栄えはガマンするべきか...。




そして、点灯してみると...

左が白熱電球(60W)、右がLED

LED4.JPG


明るさは、問題ないレベルですが、

よく見ると、輝きが違う...。


天井を見ると一目瞭然(一番左がLED)。

LED5.JPG



これは、LEDの問題というよりガラスカバーの問題と思われます。

LEDからの光は直進性が強いので、

カバーに拡散塗料が塗られているそうです。

それに回路部分があるので、どうしても下半分はガラスにできない。




結局、今回採用は見送ることにしました。

LEDは洗面所に使用します。




ちなみに「電球色」の色はどうかというと、

白熱電球がオレンジっぽいのに対し、

シャープ製LEDは肌色っぽい感じでした。

一口に電球色と言っても、

LEDはメーカーによって違いがあるようです。



【参考】LED電球はどれがベストなのか、実際に買って比較してみました





やはり白熱電球に勝るものなし。


でも、LEDには期待してます。

まだまだ明るさが足りないとは言え、

こんなLED照明こんなLED照明もあるようですから。


わが家がLED照明に変わる日も近いでしょう。


メーカーさん、がんばってください!!



___
posted by まひぱぱ at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 照明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/152431074

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。