2008年09月19日

ダウンライトたち

照明はダウンライトを基本とすることで

ビーズランプやシャンデリアがより引き立つというものです。


でもダウンライトって、何ワットをいくつ置けばいいのか?

全く見当がつきません。


人によって明るさの好みが違うので、アドバイスはイマイチあてにならない。

あかりのショールームに行ってもピンとこないし。



白熱灯のような暖かみのある光で

ちょっと薄暗い感じを目指したのですが、

実際はどうだったのでしょうか...


downlight1.JPG

こちらはリビング。11畳ほどですが、

四隅に蛍光灯15W(電球色)、中央に4つ蛍光灯25W(電球色)を配してます。


四隅だけ点けると、とてもいい雰囲気になります。

でも普段は中央部しか点けてません。


中央に寄せたのは失敗。

見た目のバランスはいいですが、光が集中しすぎます。

しかも頭上付近なので、本を読むとき影になる。



downlight2.JPG

こちらはダイニングキッチン。9畳ほどですが、

蛍光灯15W(電球色)5つと白熱球40Wのビーズランプ3つ。

ダウンライトだけでも明るさはそこそこ確保できてますが

ダイニングにいることが多いので、

ビーズランプだけ点けてる時が殆どです。



downlight3.JPG

downlight4.JPG


こちらは玄関ホール&廊下。

60Wの白熱灯を、だいたい1800mm間隔で配置してますが、

明るすぎました。

(これでも少し数を減らしたんですけどね)




わが家は、電気代を考慮して

・長時間点けるところは蛍光灯

・頻繁に点けたり消したりするところは白熱灯

にしました。

「電球色の蛍光灯と白熱灯は、雰囲気においてどれだけ違うか?」

言葉では表しにくいですが、

「電球色もがんばってるけど、白熱灯の雰囲気にはかなわない」

って感じです。


調光は絶対使わないだろうと思い、やめました。

ホームシアターがあるならいいかもしれませんね。


ホテルのように、スタンドライトも憧れてましたが

掃除がしにくいということで、軽く却下されました。(T_T)





↓+ビーズで魅せるダウンライトに!

にほんブログ村 「*Fun style*アンティークとビーズランプのある暮らし」


↓照明に関する考え方は、このブログに影響されました。

インテリアブログ 「照明の選び方」


↓「ダウンライト」火災!

人気ブログランキング 「あなたの知らない建築業界の隠された裏話!」



___
posted by まひぱぱ at 01:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 照明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
読まさせていただきました。
応援ポチッ!!!
Posted by サトシ at 2008年09月25日 14:03
サトシさん、
読んでいただき、応援ポチまで、
ありがとうございます。
Posted by まひぱぱ at 2008年09月25日 22:44
確かに、電球色の蛍光灯は、白熱球のあたたかみにはかなわないですよね。
我が家は子ども室は電球色の蛍光灯にしましたが、リビングは雰囲気を優先して、白熱球のままです。
Posted by ron at 2008年10月06日 15:05
ronさん、コメントありがとうございます。
ですよね〜。
うちもリビングが白熱灯だったら、
もっといい雰囲気になったかな?とも思います。
実際どれくらい電気代が変わるんでしょうね?
Posted by まひぱぱ at 2008年10月06日 21:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/106775947

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。